新着ニュース

2020/07/20

映画「踊ってミタ」


上海国際映画祭上映決定!

やついいちろうが出演いたしました、岡山天音さん主演、飯塚俊光監督の地方再生型ヒューマンダンスムービー「踊ってミタ」が2020年7月25日(土)〜8月2日(日)に開催される上海国際映画祭のパノラマ部門での上映が決定いたしました。

STORY

スマホひとつで誰もが発信できる時代。東京で映像作家の夢破れた三田(岡山天音)は、春野山町役場シティプロモーション課で働いていた。 深刻な過疎化、観光資源なし、あるのは名物・干し芋と自然だけ。イケてるクリエイターとはあまりにもかけ離れたド田舎で、三田は現状を認められないまま腐っていた。 そんな折、町を活性化しろとの町長・丸山(中村優一)の命令で観光動画を制作することになる。 「最高にかっこいい映像作るしかねぇだろ!」しかし意識は高いがセンスはゼロの三田。 見かねた同僚の真鍋(武田玲奈)の提案により“踊ってみた”動画作成をスタート!だが、期限はたったの2週間。 集まった踊り手は、真鍋の妹で金髪ヤンキーのミネタ(横田真悠)、盆踊り大好き外国人ダリ(えんどぅ)、そしてパラパラを踊るお爺ちゃん(ルー大柴)とその孫(川原瑛都)のたった4人…。 さえないメンツに気落ちする三田は、ご当地アイドル“星いもco.”の元メンバー・古泉ニナ(加藤小夏)が町にいることを知り、加入を迫るが「変態」と罵られ取り付く島もない。まとまらないメンバーに町長の無茶ぶり、町の人にも白い目で見られ制作は難航。 それでも、三田の奮闘により完成が近づくなか、町全体を揺るがすネット大炎上事件が起こる。 町長は辞職し、なぜか責任を問われた三田はついにブチ切れ、シティプロから逃げ出してしまう。 動画制作を真鍋に押し付け“すぐやる課”に異動した三田だったが、偶然シティプロ解体の危機を知る。新町長からの存続の条件は町のイベントで“踊ってみた”を生配信し、1万人同時視聴を達成という到底無理な命令だった…。

 

映画公式サイト
https://www.toei-video.co.jp/special/odottemita-movie/

上海国際映画祭公式サイト
http://www.siff.com/app/scheduleList.php?lg=english