すぎやま たくや
Takuya Sugiyama

画家・俳優
1987年9月22日生/29歳
神奈川県出身
特技:絵画、アクション、サーフィン、ギター
SIZE 180cm/62kg 靴27.0cm

2011年、多摩美術大学 環境デザイン学科卒業。
同年よりニューヨーク AGORA GALLERYにて作家活動を開始。世の中のものすべてをエネルギーとして捕らえ、相互に干渉しあい、共鳴しあって質を高めている"現実"の様を、線の連鎖で描き出すことをテーマとして、ダイナミックでグラフィカルな抽象画や、温かみのある動物モチーフ画、幻想的なイメージ画など、自由多彩な作風を持つ。
近年では「TAAKK」、「Mother’s Industry」、ジュエリーブランド「Angieperl」といったファッションブランドとのコラボレーションや、アーティスト「Tyme.」や「Lucky strike」のアルバムジャケットデザイン、東急プラザ銀座のセレクトショップ「MARcourt DESIGN EYE」の店舗ディスプレイなど、幅広く活動。
俳優としては、舞台の脚本・演出を手掛けて自身も出演するなど、意欲的に表現を発信。
近年では、行定勲監督映画「ピンクとグレー」や、第28回東京国際映画祭スプラッシュ部門作品賞受賞作の小路紘史監督映画「ケンとカズ」といった話題作に立て続けに出演。その不思議な存在感でスクリーンに鮮烈な印象を残している。

Art Works

Mother’s Industry│MIDIUMISOLID 2016 SS
水彩
水彩

自然から受ける力強さ、美しさ。 偶然の出会いから感じる驚きや時めき。積み重ねた思いを結びつけていく。「ミディウミソリッド」はそんな感性の中で生まれるブランドです。

※壁面の作品及びTシャツ、パンツ、スーツのテキスタイルを制作

MIDIUMISOLID 2016 AW
水彩

TAAKK(ターク)

↑写真左のメンズモデルが着用しているジャケットとパンツのテキスタイルを制作

東京コレクション2017 秋冬(Amazon Fashion Week TOKYO 2017 A/W)にTAAKK が初参加した際、雑誌「WWD ジャパン」の表紙を飾りました。

生地拡大

personal works

全体図拡大図

水彩・ボールペン

Tyme. │アルバム「OVER TONES」7inch レコードジャケットデザイン

水彩・ボールペン

personal works

「LIFE」 水彩・ボールペン

「My vision」 水彩・ボールペン
水彩

主な俳優活動

2011年 10月 舞台 MIMICRY revival 作・演出:ヨリコジュン 新宿ACB会館
11月 映画 SAKURA 桜 監督:ヨリコジュン
2012年 2月 舞台 ZIPPY ジッピー 作・演出:ヨリコジュン 新宿ACB会館
6月 舞台 CHORIKO revival 作・演出:ヨリコジュン 新宿ACB会館
6月 舞台 メメントモリ 脚本・演出・出演 elm hurst
2013年 2月 舞台 ANARCHIST アナーキスト 作・演出:ヨリコジュン 新宿ACB会館
7月 舞台 テテントチチト 脚本・演出・出演 中野スタジオあくとれ
2014年 5月 舞台 CHIRINURUを 脚本・演出・出演 ウェストエンド
2015年 1月 舞台 ペレストロイカ 脚本・演出・出演 渋谷七面鳥
12月 MV ASIAN KUG-FUGENERATION「RIGHT NOW」 *映画「ピンクとグレー」主題歌
2016年 1月 映画 ピンクとグレー
*第20回釜山国際映画祭 A WINDOW ON ASIAN CINEMA部門 正式出品
*第28回東京国際映画祭 Japan Now部門上映
監督:行定勲 アスミック・エース
10月 映画 ケンとカズ
*第28回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 作品賞
*第70回エディンバラ国際映画祭招待上映
*第18回台北映画祭招待上映
監督:小路紘史 太秦